アティロム・トーキョー 店頭受取のカバー画像

アティロム・トーキョー 店頭受取

東京都港区 その他

『きよ田の朧』by fragment x atirom

「大将、今日はどこの鮪だい?」

鮨屋で交わされる当たり前のやり取り。大間、噴火湾、佐渡、舞鶴、壱岐、伊豆下田、毎日のように仲卸が厳選に厳選をかさねて、その鮨屋のために用意された鮪。鮪は言わば鮨屋の命といっても過言ではない。

鮨好きであれば、「きよ田」という店は、誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。老舗仲卸「石司」が厳選した最高峰の国産本鮪を、四代に渡り、銀座という場所で継承してきた技(しごと)で提供される握りは、「きよ田」半世紀の集大成とも言える一貫だ。

現在「きよ田」は、四代目、吉沢範彦が店主をつとめているが、三代目、木村正も引退後、限られた常連に楽しんで貰えるように「きよ田 離れ」をオープンし、若手鮨職人の育成と鮨の研究を続けている。

今回、atiromにて提供させて頂くのは、「きよ田 離れ」に訪れた藤原ヒロシ氏のふとした一言から生まれたマグロフレークだ。「きよ田の鮪なら、マグロフレークでも美味しいでしょうね」という藤原氏の一言を木村親方が試行錯誤し、形にしたのが、この『きよ田の朧』だ。

ただ「マグロフレーク」という言葉に惑わされるなかれ。本商品は、店から出るような切れ端や余りものは、一切使わない。仲卸「石司」が「きよ田」で使われるものと同じクオリティの鮪の柵を毎週、朧のために用意し、木村親方が、季節、鮪の産地、鮪の大きさ、そして漁法などをくみ取り、「きよ田 離れ」で、丁寧に炭で焼き上げ、仕上げていく。10kgの鮪の柵から水分などを落として旨味だけを凝縮した形でとれる朧の量は約6kg。毎週一度だけ、その時期の最高の鮪で作られた究極の「朧」が完成する。

そして、パッケージデザインは、藤原ヒロシ氏主宰の「fragment design」が担当。味覚から視覚まで、二人の巨匠がコラボレートした究極のマグロフレーク、それが『きよ田の朧』だ。

「今週の朧は、どこの鮪だい?」

ぜひ、ご家庭の食卓でも、このやり取りを楽しんで頂きたい。

--
12月27日発送予定の「きよ田の朧」#1の鮪は << 大間産、釣り、170kgの魚体 >> を使用致します。

予約ルール

【ご注意】
・店頭受取商品については、来店時間=店頭での受取り時間となります。
・理由の如何を問わず、予約確定後の日程変更、時間変更、個数変更、キャンセルはいたしかねます。必ず予約された時間にお越しください。
・予約確定時から100%のキャンセル料が発生します。予約の詳細をよくお確かめの上ご予約ください。

予約枠の追加ご連絡につきましては、以下のリンクから『お気に入り』登録をいただけますと幸いです。
https://yoyaku.at/atirom

メニュー

『きよ田の朧』by fragment 1箱 (40g×5袋入)

12,960円 (税込) /セット

【消費期限】
到着から7日間(未開封の場合)、開封後は当日中なるべく早くお召し上がりください。

【保存方法】
冷蔵保管

【原材料】
本鮪、醤油、生姜

【製造業者】
きよ田 離れ

※料金は税込で、予約時の事前決済となります。理由を問わずご返金は致しかねますのでご確認の上、予約確定をお願い致します。

※個別のアレルギーへの対応は致しかねますので、ご了承くださいませ。
※各品目の使用有無は、ご購入前にOMAKASEのお問い合わせ窓口へお問い合わせください。
※理由の如何を問わず、予約確定後の日程変更、時間変更、個数変更、キャンセルはいたしかねます。必ず予約された時間にお越しください。
※店頭での商品の受取のため、ご予約のお時間にお店にご訪問ください。
万が一、早すぎる到着や遅刻された場合、お渡しできない可能性もございますので、予約のお時間にお越しくださいますようお願い致します。
問い合わせ先:『atiromKeyakizaka』070-7793-6014‬

店舗情報

電話番号

070-7793-6014

URL http://atirom.tokyo
営業時間

店頭受取時間:11:00〜19:00

定休日 不定休
住所 東京都港区東京都港区西麻布3丁目2−13 atirom Keyakizaka
最寄り駅

六本木駅

ご予約開始までお待ちください (ご予約には会員登録/ログインが必要です)
予約時に1セットあたり390円の手数料を頂きます。
予約ルール詳細
現在の予約受付期間 期間未定
事前決済 代金の100%
最大予約頻度 予約頻度の制限なし
キャンセルポリシー
予約時以降 100%

予約完了後のキャンセルは致しかねます。予めご了承ください。